(慈悲深く慈愛あまねくアッラーの御名において *1)


 アラビア語書道

アラブ諸国ではイスラム教の教えで偶像崇拝が禁止されています。そのためアラビア語の書道がたいへん盛んになり美しい書体が発展しアラベスク模様と共に一つの芸術として確立されました。

アラブ諸国を訪れるとイスラム教のモスクが美しいコーランで覆われているのを見る事ができます。
また美術館には年代ものの手書きの美しいコーランが展示されています。
心をこめて美しい文字を書く。これは日本の書道にも通じるものがあるでしょう。
エジプト、その他で見かけたものと、(恥ずかしながら)Isisの書いたものを少し・・・

『忍耐は幸福の鍵である』という格言。

竹のペンに墨汁を使って書きました。*2
アラブ諸国に旅行された方は一度は
言ったであろう『こんにちは』です。※3
       (アッサラーム・アレイコン)


           
 *1、2、3、4、5はIsis書
「 SOTHEBY'S April 1999
Arts of the Islamic World 」より
コーランの一節。

アラビア語のアハマド先生
からの贈り物。
とても大きな作品です。

文章で絵を作る

「ムハンマド」
※4

「アッラー」
※5
よくアラビア語の文字や文章で絵を作ることがあります。
ワーウ(左の6つ続いている文字)を櫂に見立てて文章で
船を作ることもよくあります。