エジプトの音楽は初めて聞いたときは「えっ?」って感じがするかもしれませんが、何回も聞いているうちにやみつきになります。
『ジール(世代)・ミュージック』といわれる若い人向けの曲をいくつか紹介します。
 ここに挙げたものはエジプトで流行っている(いた)曲や歌手です。中にはかなり古い曲もあります。皆さんも旅行など行く機会がありましたら是非おためしあれ。


  アミル・ディアブ  

プロフィール 1961年10月11日、ポートサイド生まれ。長い下積みを経て現在は音楽の他、映画、CMと活躍。その活躍の場は全アラブへと広がっている。


  タイトル 私的感想
アマリン
Amarain
デビュー当時出演した、見てるほうが恥かしくなるようなミュージカル映画(?)を見て以来のファン。昔は痩せてたのに、すっかりプクプク。エジプトらしくないと嫌がる人もいるようです。カイロの街には彼の大きな看板が沢山ありました。ウワサは色々あるものの、歌のリズムと彼の声が好きなので◎。アマリンとバヘッバク・アクタルが一押し!
アヤームナー まだ若くて痩せていた頃のアミル。(^_^;) 
アルマーディー、アヤームナー等の当時のヒット曲がいっぱい。
ウィルムーニー
We Yloumouni
95年のアルバム。これもヒット曲がたくさん。
「早送り?」と思うほどのテンポの曲が続きます。収録されている8曲全部大好き。しかし、日本語のタイトルが「恋は止まらない」とは。昔のアイドルみたいでやだな・・。
ヤー・オムリナー
Ya Omrena
収録されている8曲のうち5曲がアミル自身の作曲。若いころバンドを組んでいただけあって、作曲もできるのね。なんだか、いままでの雰囲気と違う曲ばかりのような気が。
ラガイーン あの・・・、ジャケット恥ずかしいんですけど。(T_T)
インサ・アリビーにはびっくり。「ホントにアミル?」という感じの曲。他の曲も、良い意味で今までと違うみたい。イメチェンか?このアルバムも8曲のうち3曲はアミル作曲です。
ヌール・アル・アイン
Nour El Ain
ずいぶん大人っぽいジャケット。オールバックにしてたたずむ姿に哀愁が・・・。
これまた8曲のうち3曲はアミル作曲です。もちろん、全部素敵な曲です。
アウドウニー
Awedony
ぐぐっと暗〜いジャケット。毎年1枚アルバムをリリースするのを活動の基本にしているらしいが、彼なりに工夫しているのでしょう。昔に比べると歌は上手になってるように感じる。収録されている曲もGood. 
ハビービー
Habibi

ここで紹介している音楽は、私が入手した順に載せています。という事でこの曲はかなり古いものです。アミルの初期の作品でかなりヒットした曲。ジャケットの顔も若々しい。
まだ泥臭い感じはしますが、アミルの曲!らしいです。
タマリ マアク
Tamally Maak

曲は相変わらずアミルしてますが、全曲ステキです。このときのアミルのあごひげは流行ったようで、カイロやルクソールにはエセ・アミルが沢山いました。
エルアリム・アッラーは出だしからかっこいいー! 9曲目は場末のスナックで踊り出しそうな曲で笑っちゃいましたが。ごめん、アミル。
アクタル ワヘッド
Aktar Wahed

なんだか全部一度聞いた事のある曲のような気が・・・。
10曲の内2曲がアミルの作曲。でも私好みの曲は無かった。残念。それにしても1曲目のワラ・アラ・バラーホはアミルの歌が始まるまで1分48秒もかかった(T_T) まいった・・・。


 ヒッシャーム・アッバス

   タイトル 私的感想
the best of Hisham 男性にしてはソフトな声で聞きやすい。 明るくテンポの良い曲が多い。ナッサーヤ、アユーナック・ジーン、ワナ・ワナ等。このアルバムは12曲+5曲のカラオケ付。おもいっきり歌っちゃいましょう!
ヤ・レイラ
Ya Leila
98年のアルバム。ヤ・レイラはライブ、ディスコ・バージョンの2種類が収録されている。色々なタイプの曲が続きます。
インティリ・アウラ、ティギィ、マトハリニィーシュがGood。
タアーラ
Taala

ヒッシャームとアリアのデュエットとそれぞれのソロの曲が全部で11曲。これらの曲も当時かなりヒットしたものばかり。CMでも使われていました。
ザイエル アウェル
Zai El Awel

これまた古いものですが、96年のアルバム。10曲+5曲のカラオケでおもいっきりヒッシャームしてます。

 

  ハナン・マーディ

   タイトル 私的感想
ライラ・イシュク
Lilat Eshek
昔、雑誌に「彼女の声はすべての者を魅了する」と書いてあったが、聞いて納得。この可愛い声を聞いていると心地良くなってくる。
ライラ・イシュクとは『情熱の一夜』のこと!
エフサス
Ehsas
95年のアルバム。
細く華奢な声かと思うと力強い声とリズム
に突然変わる、という感じの多いハナン・マーディの歌。今回も可愛く、そして力強く歌っています。


 アイーダ・アイユーブ

   タイトル 私的感想
ミン・ザマーン
Min zaman
アラブ人ぽくない容姿。格好はベドウィン風。歌もしっとりしていて私は何故か砂漠の心地よい風を思い出します。
アラバーリー
Alabali
全曲素敵! 8曲のうち2曲は民謡をアレンジしたもの。ジール音楽というより民謡を今風に歌っている歌手なのでしょうか?なんだか懐かしさを感じます。


 その他の曲

  タイトル 私的感想
アルビー・ワ・ルーヒー・ワ・アムリー ムハンマド・ファウド
昨年カイロに行った時、お店の人&お客さんに「どれがいい?」と聞いたら、皆このCDを薦めました。「エジプトのナンバー1だよ!」、「アミル・ディアブよりいいよ」との声。でも、私はアミルの方が・・・
ナール
NAR
ハキム
ナール(炎、火の意味)は当時大ヒットしたらしく、カイロだけでなくダマスカス(シリア)の街でもいたるところでかかっていました。
ジール音楽の中でも昔ながらのエジプト臭さの残っている曲が多い。顔からは想像できない声で歌っている(^_^;)
リアル・タイム・アラブ
アラブでヒットした曲(ポップ)を9曲おさめたアルバム。アラブ音楽入門にはピッタリ。
アミル・ディアブ、アヌシュカ、モハメッド・ジアードなどアラブらしいリズムとテンポが楽しめます。
アミル・ファンには「ハラハラ」という曲がいいです(^。^)。
リイラ ハビービー
Lila Habibi

サミーラ
彼女の曲は初めて聴きました。見た目はベテラン風ですが若手アイドルだったりして・・・まさか・・・。
(^_^;)  暗めの曲をしっとり歌っていたりして好きになりました。やっぱり若手じゃないな。