エジプトに関すること、またはそれ以外の出来事や感じたことを思いつくままに・・・。


尺八のこと (2003.3) 
 一生のうちに入院や手術なんか絶対しないと思っていた私が昨年手術。生死の境をさまよったわけではありませんが、一度でもしたい事は挑戦しておこう!と、思うようになりました。
 で、昔から気になっていた『尺八』を習い始めました(^^ゞ  むか〜し、ある映画音楽に使われていた尺八の音を聞いて「なんてキレイな音なんだー!」と感じた尺八。しかし、尺八のイメージは虚無僧が吹いている焼きチクワのような笛。「どうしてあんな竹から美しい音が出るんだろう?」と心の隅にあったのですが、元旦に地元の神社の近くで見つけてしまったのです、『尺八教室』という看板を。かなり前からあっただろう看板が今、目にとまるのも何かの縁と思い2月から教室に通い始めました。
 軽い気持ちで行きましたが、先生はその道では有名なプロの方。なんだかお弟子になっちゃった雰囲気。私以外の生徒(というかお弟子さん)は皆10年前後続けている師範や准師範。個人レッスンなので自分の番以外は師匠(先生とは呼ばないんですよね)や生徒さんの尺八を聞いてうっとりしています。当たり前だけど、皆さん上手。入門から1ヶ月経った私はというと、まだピーとかブフォーとか音が出たり出なかったりの状態。音が出て調子の良い時は童謡を吹いて遊んでいます。尺八もどうせならと良いものを購入しちゃいました。運悪く(?)入院した時の保険金が入ったので迷わず購入。「高かったなー」と思いましたが、尺八というのは古代エジプトや中央アジアにあった縦笛が中国で改造され、奈良時代に日本に伝わった・・・、と聞いて「やっぱり私のする事はエジプトと関係あるんだわー」と勝手に納得しています。(しかし、エジプト由来の尺八は鎌倉時代に消滅し、現在あるものは室町時代に支那から伝わったものだそうです)
 いつまで続くかわかりませんが、ちゃんとそれらしい曲が吹けるようになったら、また報告したいと思っております。

 
二人のエジプト考古学者のこと (2003.6) 
 先日、マーク・レナー、ライナー・シュタデルマンという著名なエジプト考古学者の話を聞く機会がありました。 なぜ行ったか? それはマーク・レナーその人を一目見たかったから。
私の中でマーク・レナー博士は『エドガー・ケイシー財団の奨学金で勉強・研究して本まで書いたのに、研究者として名が知られるようになった途端、180度態度が変わった』というイメージでした。(とっても失礼なイメージですよね) 何を読んでそんなプロフィールを知ったのか、と言うよりそのプロフィールは本当の事なのか?今となってはまったくわかりません。昔、『エドガー・ケイシーのエジプト超古代への挑戦』という本を書いていますが、今じゃケイシーの「ケ」の字も出てきません。(その本は最近、『「神々の指紋」の謎はすでに解明されていた』という変なタイトルになって復刻しています。)
 で、彼はどんなだったかと言うと『大学の教授』風の素敵な学者でした。口が裂けても「ケ」とは言わないでしょう。入口はケイシーでも研究を重ね今は正統派エジプト考古学者。(と、あくまでもケイシーと結びつけちゃいますが・・・。真偽のほどは不明。) 楽しい話であっという間の1時間でしたが、なにより良かったのが普段興味を持って読んだり聞いたりしないピラミッド建設に携わった労働者の生活や住居についての話でした。ピラミッド周辺の労働者村の発掘はまだまだ続くそうです。次回エジプトに行った時はその辺も見られたらな〜と思いました。
 もう一人のライナー・シュタデルマン博士はドイツの考古学者でピラミッド研究の権威だそうです。と、マーク・レナー博士のオマケのような感じで話を聞いていたのですが途中で気が付きました。あのクフのピラミッドの通気孔を「ウプワウト2」というカメラ付きロボットで調査したプロジェクトのリーダー(!)だったことを。
 今回勉強になったのは、『情報を選択する知識が必要』だということ。私のように趣味でエジプト考古学が好きだと正統派と言われるものからトンデモ話まで耳や目に入ってきてどうしてもセンセーショナルな話題に耳が傾いてしまいがちです。オーパーツとか好きだし・・・。しかし、権威と言われる二人がとても地味な発掘・研究もしている事を知って正直驚きました。(私のバイブル、『ピラミッド大百科』にサインもらえば良かった・・・。残念。)
 二人の話を聞いて印象に残ったのは・・・
◇通気孔で見つかったのは「扉」ではない (扉じゃなかったの???)
◇通気孔をふさいでいる石に付いているのは「取っ手」ではなく象形文字 (!!!)
◇重力軽減の間にある「クフ」という象形文字について (ヴァイス大佐の落書きじゃなかったの?)
◇ピラミッド近くに作ったサッカー場を発掘の為に取り壊すことになった (発掘を優先させてくれるなんて! レナー博士も嬉しそうに話していました)
 今年は秋か冬にピラミッドめぐりの旅に出る予定でいます。早くピラミッドが見たい!
※目から鱗、というかグラハム・ハンコックというカサブタが取れたようでした。しかし、やっぱりデンデラの壁画は謎の電球であって欲しい。(^^ゞ カサブタが取れた痕にはデニケンというカサブタが・・・根が深いかも・・・。

HP更新のこと (2003.8) 
 以前からシンプルなものに、と思っていたHPをやっと更新しました。なにより写真を大きくクッキリ綺麗にしたかったのですが、ページ半分を作り変えた時点で容量が古いHP全体と同じになってしまい、あわてて写真を加工し直しました。そんな訳で遺跡やピラミッドによって写真の大きさがまちまちで、ダウンロードに時間がかかるかもしれません。写真は大きく鮮明にした以外に、新しい写真を付け足したページもあります。古いままの写真も変更していく予定なので、時々チェックしてみてくださいね。
 夏休みは皆さんどちらへお出かけでしょうか? 私はこの夏は『トルコ三大文明展』と『アレクサンドロス大王と東西文明の交流展』でも行って終わりそうです・・・。でもその分、秋には・・・と、考えているのですがどうなることやら。


トルコへ行ったこと (2003.10) 
 なんとなくこの夏は忙しかった。で、HPの更新もしないで何をしていたかというと、トルコへ行ってました。夏にとれなかった夏休みを10月中旬に取ることにしたのが9月の中旬。1ヶ月じゃエジプト一人旅の準備は出来ない。ホテルやエアチケットが取れたとしても、見てまわる場所を決めたり調べたりするのにはやっぱり時間がかかる。じゃあ、どうするか? 手っ取り早い方法はツアー(団体旅行)でどこかに行くこと、だった。 ツアー旅行なんて、初めての海外旅行(もちろんエジプト)以来のこと。みっちりスケジュールが組まれたツアーなんか自由というかワガママ旅行専門の私に無理ではないのか? 大丈夫か?
 モロッコかチュニジアへ行こうと探したのだが10月中旬はどのツアーも人数が集まらず催行されない。じゃ、一度行ってみたかったのでトルコへのツアーを探したら今度は満員でツアーが見つからない。やっと見つけたツアーは『あと一名様でしたらお取り出来ます』。
コレしかないだろうと出発の3週間前にやっと決定。決めたものの、団体旅行に一人参加なんて浮いちゃうかな? 8日間も協調性がたもてるか・・・。昔、ツアーでエジプトに行ったとき一人参加のお姉さんが3名くらいいた。特に浮くでもなく、楽しんでいたように見えたが(っていうか、遺跡に夢中でよく覚えていない)、不安になってくる。
 しかし、行ってみると旅なれた楽しい方達ばかり。一番心配していたタバコを吸う人もいなく(私、タバコの煙にがてなんです)15名のコンパクトな人数。本当に楽しかったです。
 えっ、トルコの感想? う〜ん、見たかったカッパドキアとパムッカレは良かったです。でも遺跡はエジプトに比べると新しい時代のものなのでヨルダンやシリアで見た遺跡と同じようでした。
期待していなかったモスクなどの見学が意外と好印象。『ムハンマドのヒゲ』とかアラビア語のカリグラフィーなど。でもツアー旅行の宿命。時間が無いのでゆっくり見ることは出来ません。
まあ、一人でトルコ半分を見てまわるのは(それも8日間で)無理なので、1回で全部!という場合は便利です。なんたってツアー名が『充実のトルコ 8日間』ですもの。
それに大好きなアンズのジュースがとても美味しくて、毎日飲んでました。(時間を見つけては、スーパーへ行って補充! 本当、美味しかった!)
 トルコでの過酷な日々は近日中に載せますので、是非読んでくださいね。(のんびり観光のはずが、毎日4時、5時起き・・・)
 イスタンブールのブルー・モスク
 

年末年始のこと (2004.1) 
 海外旅行へ行くときはいつもオンシーズンをはずしている。航空券も安いし、休みも取りやすいから。しかし、今年は初めて年末年始に旅行する事になりました。12月28日出発の1月4日帰国。毎年テレビで成田の様子を見て「こんなときにわざわざ行かなくったって」と思っていましたが・・・。
 トルコ旅行で楽チンだったので、またまたツアーでモロッコへ。
実は出発1週間前に流行りのインフルエンザにかかってしまい、出発前日までゲーゲーしてました。(今回のインフルエンザは腸炎や嘔吐の症状がでるそうです)
キャンセルも考えましたがどうにか出発。思ったとおり機内食は食べられず、乗換え地であるアムステルダムでも機内にあった『嘔吐袋(ゴミ袋)』を握り締めフラフラするばかり・・・。しかし、体調の悪いのもそこまでで、モロッコ滞在中は嘘の様に元気でした。帰りはパリに一泊したのですが、そこでも、そしてアムステルダムでも元気に歩き回りました。
 で、帰国した途端に今度は普通の風邪を引いてしまい今もゴホゴホしています。やっぱり気力の問題なんでしょう。遊んでいる時は熱なんか出してられませんから!
 今年の初日の出はサハラ砂漠。なんとなく私らしい1年の始まり。
今年は心を入れ替えて (^^ゞ まめに更新をするつもりです。これからもお付き合い頂きますよう、よろしくお願い致します!


前の話題は・・・Backボタンでどうぞ。